Loading...


学費のご案内[進学コースの学生納付金]

コース名選考料入学金授業料その他合計

 進学

2年コース

1年目25,000円65,000円600,000円32,000円722,000円
2年目600,000円32,000円632,000円

  進学

1年6ヶ月コース

1年目25,000円65,000円600,000円32,000円722,000円
2年目300,000円16,000円316,000円

※すべて金額は税抜きで表示されております。


出願資格・必要な書類

出願資格

1~4すべての条件を満たすこと

  1. 母国あるいは外国において、12年以上の学校教育を修了している(修了見込)者

  2. 母国あるいは外国において、大学への入学資格となる中等教育課程を修了した者

  3. 在学期間中、確実な経費支弁が受けられ、その資産過程を通帳などの資料で証明できる者

  4. 日本語教育機関で日本語を150時間以上履修、または日本語能力試験N5以上の日本語能力のある者



必要書類     

1

入学願書

当学院指定用紙

2

履歴書

当学院指定用紙

3

最終学歴の卒業証書(原本)

原本は後日返却

4

最終学歴の成績証明書(原本)

大学在学中の場合:高校と大学の成績証明書
 
大学院在学中の場合:大学と大学院の成績証明書

5

在学証明書(原本)

申請者が在学中の場合

6

戸籍謄本・出生地の証明できるもの(原本)


7

日本語学習歴の証明書(原本)
 
例)

日本語能力試験N4合格証明書

(原本)

日本語教育機関による学習時間  

  やレベル・教材などの記載があ 

  る修了 証明書・成績証明書(原本)

日本語教育機関発行

8

パスポートのコピー

表紙から裏表紙まで すべて

9

写真8

4cm×3cm 入国管理局申請日の3カ月以内に撮影したもの

10

在職証明書

社会人経験がある場合、または現在在職中の場合

11

誓約書

当学院指定用紙

12

留学理由書

当学院指定用紙



経費支弁に関する書類(本国居住の親族の場合)

1

経費支弁書

当学院指定用紙

2

支弁者の戸籍謄本・出生地がわかる

もの(原本)


3

親族関係を証明する公文書(原本)

申請者と支弁者の関係が詳細に記載されているもの
 
例)氏名・生年月日・住所・続柄なども記載があるもの

4

支弁者の預金残高証明書(原本)

金融機関発行

5

収入証明書(原本)

過去3年分

6

支弁者の在職証明書(原本)

会社発行の過去3年分の年収証明書

7

納税証明書(原本)

税務局発行

中国の場合

「中華人民共和国税収通用完税証」又は「中華人民共和国税収繳款書」

8

経費支弁引き受け経緯書

支弁者の直筆による経緯引き受け経緯を補足した文章


経費支弁者が日本在住の親族の場合

1

経費支弁書

当学院所定用紙

2

支弁者の住民票

世帯全員と記載があるもの
 
支弁者および支弁者親族が外国人の場合:世帯全員の在留カード両面コピー

3

親族関係を証明する公文書(原本)

申請者と支弁者の関係が詳細に記載されているもの
 
例)氏名・生年月日・住所・続柄なども記載があるもの

4

支弁者の預金残高証明書(原本)

金融機関発行

5

支弁者の通帳コピー

過去3年分

6

納税証明書(原本)

市区町村発行のもので総所得金額が記載してあるもの・過去3年分

7

支弁者の在職証明書(原本)

支弁者が会社員の場合:職務内容・地位・在職年数などの詳細を記入したもの支弁者が経営者・役員の場合:登記事項証明書(原本)(法務局発行)

8

パスポートコピー

支弁者が外国人の場合

9

経費支弁引き受け経緯書

支弁者の直筆による経緯引き受け経緯を補足した文章

注意

1~8すべての条件を満たすこと

  1. 提出書類にはすべて日本語翻訳を別紙で添付が必要です。翻訳書類には下欄に翻訳者氏名・住所・電話番号を記入し、氏名右に捺印、またはサインをしてください。

  2. コピーは原寸大A4サイズでお願いします。コピーした際は余白にコピーをした者の名前・日時・申請者との関係を書いてください。、

  3. 各種証明書には、発行日・発行期間名・発行期間住所・電話番号発行者職務・氏名(サイン)の記載が必要です。

  4. 各種証明書は、入国管理局へ提出する日から3カ月以内の発行日のものしか受付できません。

  5. 高校卒業歴のみの場合は、日本語学習歴が150時間以上必要です。

  6. 書類の訂正に修正液は不可です。

  7. 卒業証書以外の証明書原本は返却しません。

  8. 当学院が必要だと判断した場合は、上記以外の資料の提出をお願いする場合もあります。

提出資料に関しては、当学院職員が現地で詳細をお伝えいたしますので、ご安心ください。

入学までの流れ

出願から入学までの流れをご案内します。

東京入国管理局(法務省)に当学院が代理申請

4月生:11月下旬

10月生:6月上旬


Socials
Phones
Opening Hours

Mon-Fri : 8:30-17:30

Sat/Sun/Holiday: Closed